経営労務監査 人財力をアップし、企業の業績を向上させる

人材ポートフォリオ監査

人材ポートフォリオとは、

  • ポートフォリオとは、資産構成と言い換えればわかりやすいかもしれません。
  • 企業の事業活動に必要な人材タイプを明確化した上で、
  • 組織内の多様な人的資源を分類し、
  • どの人材タイプがそれぞれ何人いるか、
  • あるいは必要となるかを分析し、

そして 

  • 企業戦略や目標を実現するために
  • 最適な人材タイプの組み合わせを設計します。

採用や育成を含め戦略的人事管理には欠かせません。

その可否をチェックするのが『人材ポートフォリオ監査

それでは、

監査評価の判断は?

 「ヒト」という経営資源を会社組織においての活用状況について、その経営 目的、経営計画に照らして適切かどうかをチェックします。

具体的には
 売上・付加価値・人員・人件費・労働時間等
の指標を用いて、
 労働生産性・賃金制度・要員管理・人財バランス・組織と配置等
の適格性を企業のライフステージに応じて評価します。

企業の組織と人材配置が売り上げと利益を上げるために最適であるかで判断します。

人材ポートフォリオ監査の作業手順

人材ポートフォリオ作業手順1.png

 
人材ポートフォリオには様々な形があり、以下のようなものがあげられる。

  1. 職種や勤務形態で分類し、管理的側面を持つ人材ポートフォリオ
  2. 企業戦略から人材の役割を考える人材ポートフォリオ
  3. 組織のビジョン、ミッションから考える人材ポートフォリオ
    「人材ポートフォリオの」作成の狙い
    企業労働力を経営活動の視点から「見える化し、評価する」

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional